記事一覧

釣りの穴場!「新井薬師公園」と東京。23区の被緑率

こんにちわ、ノコの湯です。

前記事で紹介した中野区の「平和の森公園」の行き道に風情溢れる「新井薬師公園」に寄り道した。

東京都の被緑率30%以上に比べ、中野区の緑被率は16.4%と低い。また中野区は公園が少なく、1人当たりの公園面積は1.33m2で、23区で下から二番目。戦前一面の畑が広がった風景は、東京大空襲で灰になり、急速に宅地化が進んだ。

そんな中野の住宅街を抜け現れたのは翡翠の池。
新井薬師公園だ。

新井薬師公園のひょうたん池

中野通りの東西に2つの新井薬師公園があり、西側はひょうたん池、東側は遊具や広場と違う風景が楽しめる。

ひょうたん池は昔、湧き水が湧き出し池を形成されていたらしいが残念なかまら枯渇しいまは地下水汲み上げ。
池のほとりには春風に靡くしだれ柳の深緑、柳の下の釣り人達がけらけら笑えば、カワセミが鳴きながら藪から飛び出した。
水墨画に書いたような美しい池は23区では珍しい釣りが許可されている池らしい。噂によると釣り人が魚を放流して管理されているようだ。釣り人の間では穴場らしく釣りブログの情報によるとタナゴ、クチボソ、モロコ、マブナ、ヨシノボリ、金魚、ヘラブナなどが池に「生息」しているようだ。

クチボソやヨシノボリは昔から命を継いでいると思われるが、他は怪しい。
元来生息していない魚を放流する道を歩んだこの池、生態系の代わりに沢山の釣り人の笑顔がここにはある。

新井薬師公園 遊具広場

老若男女に愛される 新井薬師公園

新井薬師公園 石垣

風景☆☆☆
池が緑で木立の写り込みが美しい。さすがは人の街、中野。来園者が多くテクノロジーから解放され無邪気に走り回る子供達の姿に、安心する。歴史ある公園で、苔むした石垣が歴史を物語る。

昆虫採集☆
甲虫類は期待できません。中野区に有りがちな発生源の腐葉土や朽木が皆無な公園です。ある程度コナラは植えてあるので樹液が出ればカナブンなどが飛んでくるかもしれません。やはり魚釣りに向いた公園です。池には沢山のヌマエビとヒキガエルの卵が一足早い春を告げていました。

遊べる度☆☆☆☆
魚釣りが許可されている珍しい池なので、怒られる心配無く釣りを楽しめます。ザリガニ釣りでも魚釣りでも、親子で楽しめるでしょう。また東側は日当たりのいい広場や遊具が老若男女を歓迎する。小さな公園ですが半日遊べそうです。

【東京23区の被緑率】
1位・・・練馬区(H18)    26.1%
2位・・・世田谷区(H18) 24.0%
3位・・・杉並区(H19)    21.8%
4位・・・渋谷区(H15)    20.6%
5位・・・港区(H18)       20.5%
6位・・・千代田区(H15) 20.4%
7位・・・大田区(H21)    20.4%
8位・・・北区(H20)       18.5%
9位・・・文京区(H16)    17.6%
10位・・・新宿区(H17)   17.5%
11位・・・目黒区(H15)   17.1%
12位・・・江東区(H17)   16.7%
13位・・・中野区(H19)   16.4%
14位・・・足立区(H16)   16.3%
15位・・・江戸川区(H13)16.3%
16位・・・葛飾区(H10)   14.5%
17位・・・板橋区(H16)   13.5%
18位・・・品川区(H16)   12.7%
19位・・・豊島区(H16)   12.4%
20位・・・台東区(H22)   12.3%
21位・・・荒川区(H19)   12.3%
22位・・・墨田区(H21)   10.4%
23位・・・中央区(H16)     9.1%

23区の西端3区、練馬区、杉並区、世田谷区が上位3位独占に何故か悔しさを覚えるノコの湯です笑



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

凡選ぐみ

Author:凡選ぐみ
生き物が大好きな学生二人で書いています。
ホームセンターのオオクワガタに目を光らせ
ムシキングに没頭した少年はいま、東京の森で樹液に夢を見る。

☆「東京はコンクリートジャングルじゃ無い」
主に東京の公園、生き物について更新します!

☆新宿にたぬき?ノコギリクワガタも!?八王子のサンショウウオ?
生き物好き、公園に出かける方、是非のぞいていって下さい

フリーエリア

オンラインカウンター

アクセスカウンター