FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年採集成績!<東京ヒラタは何処?>

 こんにちは、ノコの湯です!


追い求めた夢は手にしたのか。しなかったのか。

今日も答えを見つけらないまま急ぎ足の太陽が長い影を描く。

窓の外には北風が、緑色の夏の証を赤く染め上げる


■2016夏、採集に沸騰する湯の成績発表!

おこがましいですが、お付き合いください!笑


23ミリのヒラタクワガタは圧巻ですよ!

今年は驚くほどカブトムシが見つからない。

僕のホームの新宿区は樹液はあれども何処もコクワの独裁下。

相方のホーム練馬区は樹液もカブトムシも大根も垂れ流し。羨ましい。

人生初のオオクワガタはもう、それはそれは、、、フフフ。


■東京都・2016主な採集地と結果

23区でもヒラタクワガタ、ノコギリクワガタはピンポイントに生息しています。

杉並はまじめに散策すればヒラタクワガタとノコギリクワガタ両方見れるかもしれません。地元住民は夏の夜ランニングしているとカブトムシが前からバシィバシィ向かってくる!と言っていたので昆虫は極めて濃いだろう・・・恐ろしい!

■東京ヒラタの生息・棲み分け

赤点・・・ノコギリクワタ

青点・・・ヒラタクワガタ

東京で採集していると時々ヒラタクワガタとノコギリクワガタの棲み分け体感できる。

西側、すなわち青塗部分(狭山丘陵一帯)はヒラタクワガタは珍しいわけではないが赤塗部分(多摩丘陵一帯)ではほとんど取れない。23区内だと特に顕著に表れる。


今年東京でとれた8匹のヒラタクワガタは皆小規模な緑地でとれている。

ヒラタクワガタは元来熱帯のクワガタで高温の環境を好む。ヒートアイランドで熱せられたアスファルトは小さな雑木林の気温を上げ、住みやすい環境を作り出すと考えられる。河川敷にヒラタクワガタが生息するのも温暖な環境があるからなのか。

今年最大のヒラタクワガタがいた所は電柱クヌギが疎林を形成し、林床はアスファルトで固められていた。とてもカブトムシやノコギリクワガタが住めた森ではない。

a

★練馬区産ヒラタクワガタ

 c ★韮崎産 オオクワガタ



東京ヒラタクワガタを求めて・


クリックお願いします!


にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。