記事一覧

東京讃歌〜東京の魅力、真実と嘘〜

  こんにちは、ダンク工場長です!

最近、昆虫採集が多いせいか、当ブログ「樹液の出るアスファルト」がクワガタ採集ブログっぽくなってしまっている。
そう思われてしまったも仕方ないが、このブログの趣旨は

【東京都の自然を多くの人に発信していきたい】

路線変更しないようこれから注意していきたい。

さて、今日のテーマは「東京都の魅力」
です。

日本が世界に誇る大都市、東京。世界中で知られる有数の都市にも関わらず、日本国内で東京都に対する多くの誤解が生まれている。

東京都で生まれ、東京都で育まれてきた僕たちにとって、それが許せない。
メディアに表立って登場する主要な施設や人物はオフィスがそびえ立ついわゆる"コンクリートジャングル"にある。

なぜかテレビはアスファルトばかり映したがる。だから、東京に緑はないという共通認識が生まれる。テレビ局は東京都の自然に対して何の恨みがあるというのか。
20170831214331c90.jpg 

①東京都23区・自然の実態!
僕と相方が住む、東京都23区。建物が立ち並ぶ中に、今日も緑が芽吹いていることをご存知だろうか?
航空写真を見ると、東京都の東部がネオンで輝いているのは否めない事実。

ところがどっこい、意外と緑が存在することを数字が裏付けている。

例えば緑被率。

一位の練馬区は26%を上回り(H18)、東部になり徐々に少なくなるものの、平均は16%程になる。

平均しても1/7の土地が緑地となっている事実は、意外ではないだろうか。

ふらりと立ち寄った狭い緑地、自分の踏む足の下でカブトムシが育っているのを想像してみると、その立体的な空間が全く別のものに見えたきて面白い。

住宅地やオフィス街を歩いていると突然緑地に突き当たる。
ちょっとお邪魔すると小さなシティーボーイたちが顔を見せてくれる。

その小さな出会いが毎度毎度心を打つのだ。
20170831214557a6e.jpg
☆ 中野区の花見風景20170831214330488.jpg
☆湾奥の海、魚がたくさんいるよ、たくさん。 
②東京都26市・緑の中の住宅街⁈暖かい街並み
東京都の市部。多くの昆虫採集者のフィールドになる。
僕自身、昆虫採集しても、他県より成果がよかったりする。

市部の特色は街並みと緑が融合していて暖かい所だと思う。

23区のような焦った雰囲気は感じられない。大通りと用水路が交差してたり、緑地に囲まれた住宅街だったり、緑と住宅地の境界が見えないような地域もあり、とにかく心が落ち着く。ただその一言に尽きる。

ビックリしたのは、檜原村の西の方の山を歩いていたらいつの間にか山梨県に突入していたことだ。あまりの違和感の無さに違和感を覚えた。
20170831214600aca.jpg
☆金剛の滝。水質指標動物Ⅰ類が多く生息。 20170831214559b94.jpg
☆八王子の森の中。迷って大変だったなぁ。 20170831214402f16.jpg
☆圧巻の三頭山。これが大都市東京です⁈ギリギリ山梨入ってるかも! 
◉東京だからこそ

日本一の大都市、東京だからこその発見がある。都市部ではできない田舎の発見があるように、田舎ではできない発見が東京にはある。

足元にカブトムシ、見上げれば高層ビル。こんな風景はそうそう味わえるものではない。

僕たちの文章の中で東京の自然について少しでも知っていただけたら幸いです。
20170831214329d4c.jpg 
☆高尾山の麓。来年もよろしく。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

凡選ぐみ

Author:凡選ぐみ
生き物が大好きな学生二人で書いています。
ホームセンターのオオクワガタに目を光らせ
ムシキングに没頭した少年はいま、東京の森で樹液に夢を見る。

☆「東京はコンクリートジャングルじゃ無い」
主に東京の公園、生き物について更新します!

☆新宿にたぬき?ノコギリクワガタも!?八王子のサンショウウオ?
生き物好き、公園に出かける方、是非のぞいていって下さい

フリーエリア

オンラインカウンター

アクセスカウンター