記事一覧

☆コクワガタ採集の極意☆ 〜採って、飼ってみる〜

こんにちは、ダンク工場長です。

上にある通りですが、コクワガタを捕まえる際のコツなどをまとめてみました。


コクワガタ(Dorcus rectus)
オオクワガタ属・コクワガタ亜属
日本は九州〜北海道まで、また東アジアに広く分布。
日本では最もよく見られる普通種として、慣れ親しまれている。

体長:♂15.5〜58.1mm
       ♀18〜38mm

「コクワなんてそのへんにいるじゃんっ!」

とか思ったそこのアナタ。たかがコクワ、されどコクワなのです!

どんなに取れない日でも必ず現れて慰めてくれるのは、必ず彼らである。

あなたは一度は思ったことはないだろうか。そんなコクワを狙って何匹とれるだろうかと。

コクワガタたちをたくさん採集するために、まず彼らの日常生活を見てみよう!

☆コクワガタの暮らし

コクワガタは、夜行性。昼は主に広葉樹のウロな、樹皮の間などに隠れてじっとしていて、
夜になると樹液を求めて出てくる。

基本的には昼はウロや樹皮裏などの隙間で寝るが、木の根元の土の中や同じく根元の落ち葉の下などにいることもある。夜に比べると圧倒的に少ないが、昼でも活発に行動していることもある。

コクワ

☆コナラの樹皮の裏に隠れているコクワガタ。意外と見つけにくいでしう。 

コクワ

☆クヌギの根元の落ち葉をどけるとこんにちは、♀コクワ 

コクワ

☆このような樹種プレートの裏などにもかなりの確率で潜んでいる。 
大好物はクヌギやコナラ、ヤナギなどの樹液。これらの木がない場所では、
他の木(クリなど)の樹液を舐めていることもある。

つまり、昼は木の隙間を探し、夜は樹液に集まっている!
ではコクワガタはどの時期に探したらいいのか。コクワガタの特徴と
照らし合わせて考えてみる。



☆コクワガタの採集時期と生態の関係

コクワガタが活動を始めるのは大体5月上旬。南の暖かい地域では4月下旬からも出てくる。

活動を終えるのは大体9月下旬から。

ではどの時期がコクワの活動のピークか。それは意外にも、発生初期の5月下旬、6月上旬だからだ。

その理由は、彼らの臆病な性格にある。
6月になると、ノコギリクワガタやヒラタクワガタなどの大型のクワガタが台頭してくる。彼らが樹液を陣取ってると、臆病なコクワガタはあまり近寄りたがらないのだ。
 コクワ

また、最近こんな発見もした。今シーズン5/5〜5/21までに採集したコクワガタ29匹のうち、26匹が♂なのだ。新成虫も混じっている。

これらから推測すると、♂コクワは、樹液の木を早くに縄張りにすることで、♀が発生してきた時に♀が来る確率の高い場所にいることができるので、他の♂より有利になる。つまり、他の♂と陣取りゲームをしている。

どうだろうか。これで大分狙い目が絞れて来たはずだ。5月下旬の夜、樹液の木である。♂と♀でも発生時期が異なるということもあります。

その他コクワガタ採集における知識・コツ

①天候・気温など : 強風はNG。あまりとれない。気温は23℃を超えて来ると
一気に増える

②その他採集法: ⚫︎木を蹴って落とす(朝方は樹上の樹液にいたりするので、木を         
                         蹴ると驚いて落ちて来る)  ・・・・・・・ オススメ度★★★

                       ⚫︎灯下採集(街灯や自販機の明かりの下を探す。クワガタは明か         
                         りに集まる習性があるので暑くて活性のある夏場は非常に有
                         効。夜のみ。)  ・・・・・・・・・・・オススメ度★★★★

                       ⚫︎材転がし(発生前の春に、大きめの倒木を転がすとコクワガタ  
                         が出て来る。かなりとれる。)   ・・・・・・オススメ度★★
                    
          ⚫︎バナナトラップ(ストッキングに発酵したバナナに酢と酒をぶ  
                         っかけて木にぶら下げると、匂いに反応してクワガタが集ま
                         る。)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・オススメ度★★


コクワガタは、木の隙間という隙間に潜んでいます!樹皮の裏、根元のくぼんだ部分、木に巻き付いたツルの裏、木の二股になっている分かれ目。彼らが隠れるところは無限にあります!目を凝らして探してみてください。



☆コクワガタの飼育!簡単!

コクワガタの飼育ですが、ヒジョ〜に簡単。

市販の昆虫ケースの中に市販の昆虫マットに市販のくち木を入れて、餌は市販の昆虫ゼリー。
ホームセンターとか、DAISOなどですべて安価に手に入ります。特に、DAISOの用品を利用すれば総額700円程度で飼育可能。昆虫ケースは、フタが閉まる透明なプラケースにしましょう。
バナナ、リンゴなども食べるので、いろいろチャレンジしてみてください!

コクワガタは、環境変化の耐性も強く、丈夫な虫なので簡単には死にません。ただし、生き物なので当然ですが、餌をやらなかったり、湿りっけを全く出さないと死にます。週二回を目安に餌を交換してあげましょう。




「コクワガタに始まり、コクワガタに終わる」

昆虫ファンに知れ渡る名言。

某雑誌でアンケートで、最も「オオクワガタを除きもっとも飼育ギネスを出したいクワガタは?」に栄えある一位にも選ばれたのは正しくこのコクワガタ。採集者の登竜門でもあり、力強い心の支えでもあります。


緑地の少ない23区の東部をのぞき、たいへん生息数が多いクワガタです。ぜひ地元でコクワガタ探しの散歩に出かけてみてみよう!


クリックお願いします!






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

凡選ぐみ

Author:凡選ぐみ
生き物が大好きな学生二人で書いています。
ホームセンターのオオクワガタに目を光らせ
ムシキングに没頭した少年はいま、東京の森で樹液に夢を見る。

☆「東京はコンクリートジャングルじゃ無い」
主に東京の公園、生き物について更新します!

☆新宿にたぬき?ノコギリクワガタも!?八王子のサンショウウオ?
生き物好き、公園に出かける方、是非のぞいていって下さい

フリーエリア

オンラインカウンター

アクセスカウンター