記事一覧

多摩丘陵散策〜初コクワガタを目指して〜

こんにちは、ノコの湯です。

東京都の八王子・日野市・町田市などにまたがる多摩丘陵を散策して来ました。

1960年頃から始まった東京郊外の大規模工事、野原も森も皆アスファルトに埋めてしまえ。経済発展、オリンピック、三億円事件なんのその。

暖かくなって、天気予報と睨めっこする日々。
相方と予定をあわせ、多摩丘陵の「長沼公園」から「小山内裏公園」まで夏の下見兼ねて歩いてみた。

幸い禿げ上がった多摩丘陵の中でも豊かな緑地が残る長沼公園。
この一帯は稀ながらミヤマクワガタの目撃情報も耳にし、湧き水のせせらぎと管理された雑木林、山麓の田んぼと絵に描いたような里山が見られる。

赤褐色型 八王子産サワガニ 
☆道端の小川には水質指標生物のサワガニ!

長沼公園はただの山である。高低差100メートルもの斜面を細く蛇行した山道が通る。
かなり険しい道を登っていく。左には湧き水によって侵食された切り立つ岩盤。
道の脇には気の早いコナラの木がすでに樹液を垂らしていた。懐かしくて、高揚するこの匂い、受験生の楽しい楽しい夏が近い未来までやって来た・・・

長沼公園 樹液 ウロ 
☆期待大のウロ。夏に見たい!

コクワガタへの淡い期待を胸に、木のウロや樹洞を覗きながら園路を進む。

見つからないコクワガタに痺れを切らした相方、得意なキックで枯木を転がしていく。

枯木が埋まってた部分からこんにちわ、お馴染みのコクワガタ!


コクワガタ 成虫 メス 

コクワガタを馬鹿にするものはコクワガタに泣く。ボウズの時、優しく現れてくれるのはいつもコイツだ。悔いれない、今年もお世話になりそうだ。

長沼公園を南の方へ出ると、畑と雑木林と戸建が並ぶ素敵な田園風景が続く。

道を尋ねた農家のおばさん、足元に植えてあるネギを鷲掴みにし、引っこ抜いた、、
「ネギいるかい?美味いよ」
と言いながらネギをセブンイレブンの袋に詰めていく。ネギが苦手の相方も圧倒され、苦笑いを浮かべ頭を縦に降る。

「菜の花も入れとぐねぇ」
「鍋に入れたら美味しいのよ〜」

素敵な街には素敵な人が住む。優しい春風に胸は一杯だった。

東京都 八王子産 ネギ 
☆これで丁度半分、、美味しく頂きました!

相方「100%ビーフハンバーグ」を「100%引きハンバーグ」と信じ、目をギラつかせたお昼のファミレス、ネギを抱えた2人は小銭を数え、頭を抱える。

丘陵地帯は道が険しいことが多く、夏場の樹液採集が難しいだけでは無く、材割り採集にしても枯木の絶対数が多く、幼虫の密度が低いのが通例。

しかしこの一帯は虫影が濃い!
夕暮れ時、倒木の下から出て来たのはまたしてもコクワガタ。

コクワガタ四兄弟 
☆コクワガタ四兄弟

この3令幼虫も夏には樹液に集まりる成虫になることでしょう。夏の再会を願い、そっと戻す。

たんぽぽー

公園と名が付かない緑地に価値は無いのか。公園化を逃した森は多摩ニュータウンに今日も飲み込まれていく。1つ、また1つの雑木林が灰色に染まっていく。息子、孫にもどうかどうか、この景色を見せたい。
 

クリックして頂ければ、嬉しい限りです!




にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

凡選ぐみ

Author:凡選ぐみ
生き物が大好きな学生二人で書いています。
ホームセンターのオオクワガタに目を光らせ
ムシキングに没頭した少年はいま、東京の森で樹液に夢を見る。

☆「東京はコンクリートジャングルじゃ無い」
主に東京の公園、生き物について更新します!

☆新宿にたぬき?ノコギリクワガタも!?八王子のサンショウウオ?
生き物好き、公園に出かける方、是非のぞいていって下さい

フリーエリア

オンラインカウンター

アクセスカウンター

このページのトップへ